関連法令・本文

2016年2月18日 木曜日

対外貿易法抜粋

          対外貿易法抜粋
第5章 対外貿易に関する知的財産権の保護
第29条 国家は、関係する知的財産権の法律、行政法規に従って対外貿易に関する知的 財産権を保護する。
  ② 輸入貨物が知的財産権を侵害し、対外貿易秩序を害する場合、国務院対外貿易主 管部門は一定期限内に侵害者が生
   産、販売する関係貨物の輸入の禁止等の措置を講 じることができる。

第30条 知的財産権の権利者が、被許諾者が許諾契約中の知的財産権の有効性に異議を提出することを阻止したり、包括ライセンス契約を強制したり、許諾契約中に排他的グラントバック条件を規定する等の1つがあり、かつ、対外貿易の公平な競争秩序を害する場合、国務院対外貿易主管部門は危害を除去するのに必要な措置を講じることができる。

第31条 その他国家又は地区が知的財産権保護の面で中華人民共和国の法人、その他の組織又は個人に内国民待遇を与えず、又は中華人民共和国からの貨物、技術又はサービスに対して十分有効な知的財産権の保護を提供できない場合、国務院対外貿易主管部門は本法及びその他の関係法律、行政法規の規定に従って、中華人民共和国が締結し又は加盟する国際条約、協定に基づいて、当該国家又は地区の貿易に必要な措置を講じる。

投稿者 共栄法律事務所

アクセス

大きな地図で見る

〒541-0041
大阪市中央区北浜3-7-12
京阪御堂筋ビル8階

最寄駅:
地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅から徒歩2分
京阪本線 淀屋橋駅から徒歩2分

電話番号

受付時間 月曜~金曜/9:00~17:00
定休日 土曜、日曜、祝日

お問い合わせフォーム 詳しいアクセスはこちら